イベントや忘年会を成功させる|景気のいい景品を使おう

楽しく盛り上げる

忘年会の景品について今まではどうなっていたのか

イベントの忘年会の景品について今まではどうなっていたのかというと、バブル期は車や電化製品などが出ていたということです。忘年会の景品は、ある程度その時の景気がそのまま反映されるという性質を持っています。ですので、バブル期などの好景気の時は、とても豪華だったのです。現在を見てみると、そんなに豪華な景品が出ているということはないので、景気についてはまだまだいいとは言えないという状態にあることを指し示しています。忘年会で参加者が一番期待しているのは、どんな景品が出ているかを紹介するときになります。それだけ参加者の注目も高いのです。ですので、予算内に参加者に喜んでもらえる景品をそろえる必要が出てきます。

今後はどういった流れになるのか

イベントの忘年会の景品は今後どういった流れになっていくかというと、希望のものを選ぶことができるカタログが一般的になってくると予想されます。今や結婚式の引き出物でも、カタログばかりになっています。それは、簡単に持って帰ることができ、家に帰ってから何がいいかじっくり考えることができ、かつゴミにもならないなどというメリットがたくさんあるからです。また、カタログをもらう楽しさがあり、選ぶ楽しさがあり、受け取る楽しさがあるという風に、何度も何度も楽しむことができるからです。また、いるものや使えるものを選ぶのでゴミも少なく、環境問題にも貢献していると言えるのです。ですので、忘年会の景品にはカタログが広まっていくのです。